THERE WILL NEVER BE ANOTHERE YOU の謎?

THERE WILL NEVER BE ANOTHERE YOU を演奏する度に思う事があります。
セッション等でも定番で、全国的に良く演奏されていますね。
いつもこの曲を演奏する時に感じるのですが、コードが違うのです。
9小節めからのコードが違っています。正しくは
                          ↓
d0244380_2342582.jpg


後半も色々あるのですが、それはさて置き、先ずはスウィングする事!
それに比べたらこんな事は、どうでも良い小さな事かも知れません。
でもやはり気持悪い。何故かと言うと3~4小節目に出てくる |Dm7(♭5) |G7    |
と同じ流れが2拍ずつですが、12小節にまた出て来ます。これが気持悪い。
このコードで演奏されてるCDはありません。(1つだけ例外あり)
このコードで演奏されてるのは日本だけです。しかも、ほぼ100パーセント。
何故こうなったのか考えてみると、日本のジャズがまだ過渡期だった頃は
なんでもカッチリ ⅡーⅤ にしてしまうのが普通でした。
いかにも日本人的と言うか、僕がやり始めの頃もそうでしたが・・・・ 
そんな悪い習慣が伝承されて行ったのだと思います。
エンディングも最後のフレーズを躊躇無く半音上げる。それがが定番になっています。
悪いとは言いませんが、それはある時期の1つのアレンジに過ぎません。この曲は歌物です。
もう21世紀になって10年以上。そろそろ、こんな日本的な悪い伝承は止めにしましょう。
伝承させて来た1人のプレイヤーとして反省を込めてそう思います。

話は変わりますが STRAIGHT NO CHASER はいつから F のKeyが定番になったのだろう?
モンクは 1 度も F では演奏してないのだけど(モンクは B♭)
ま、良いか。 ではまた。
[PR]

# by saltgt | 2016-01-29 12:02 | Column